74.7%がイラッ!! そんなときは○○○で STOP ROAD RAGE

「チェッ、なんだよ、ちんたら走りやがって。道を譲ってくれよ」

特にスーパースポーツに乗っていると、こんな「悪魔の声」が湧き上がってきやすいですよね (^^;;

でも、20代~60代の男女420名を対象にした「危険運転と怒りに関するアンケート調査」(日本アンガーマネジメント協会)の結果を見ると、74.7%ものドライバーが同じ気持ちになるようです。

危険運転と怒りに関するアンケート「どんな状況でイライラする?」

イラッとしたときに「何もしない人」は39.6%しかいなくて(下図参照)――残る6割のドライバーは悪態をついたり、必要以上にスピードを出したり、前走車をあおったり、無理に抜かしたり……。

危険運転と怒りに関するアンケート「イライラしたら、どうする?」

その結果、どうなるかというと ↓ ↓ ↓

*岡山トヨペット「交通事故ゼロ・プロジェクト」第6弾『STOP ROAD RAGE』

ちなみに「怒り」と上手に付き合うアンガーマネジメントの観点からすると、イラっとしたときには、こんなふうに気持ちを落ち着かせるといいそうで……

  • どんなにイラッとしても6秒待つ
  • 家族や恋人、ペットなどの写真を見えるところに置く
  • 気持ちが落ち着く言葉を見つけて、自分に言い聞かせる
  • 深呼吸する

なるほど、なるほど、深呼吸はバイクに乗っているときでも有効ですね。


というわけで、イラっとしても ふ~~~っと大きく息を吐いて、ゆったり息を吸い~~~ 気持ちを落ち着かせて~~~ 前走車をあおらず、優しい気持ちで周囲に接していきましょう。それこそ安全運転の奥義に違いありません。

それにしても、こうした動画を次々に制作している岡山トヨペットって、興味深い会社ですね。制作費もかなりかかるでしょうに。今回の制作主旨などはこちらをご覧ください。

岡山トヨペット「交通事故ゼロ・プロジェクト」第5弾「居眠り防止体操」(約66万回再生)も独創的ですよ。

眠気を吹き飛ばす関連ムービーはこちらです。中指にある「中衝」のツボは、ぜひ覚えておきたいですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください