ライディングの基本中の基本とは?

公道デビューをサポートする「初めての路上教習」で必ず体験していただいているのがコレです。

ライディングの「基本中の基本」ですから、みなさんもぜひ実験してみてくださいね。

以下に、動画でお話している内容を「文字起こし」しておきます。

濡れた路面でツルッと滑らないために

こんにちは、今日は「身近な物でバイクの特性を知る」というお話をしたいと思います。

実は、先日、コンビニに入ったら、ツルッと滑って転びそうになりました。
雨でスニーカーが濡れていたうえに、コンビニの床がピカピカに磨かれていたからです。
みなさんにも、似たような経験がありますよね?

今日は、バイクを安全に、気持ちよく走らせるうえで、もっとも大切な

タイヤ使い方」を知る

というお話をしたかったので、ちょうどいいエピソードだと思います。

消しゴムでタイヤの特性を知る

さっそく、やってみましょう。
みなさんにお願いがあります。

手元に消しゴムを用意してください。

使いかけのもので十分です。ただ、小さ過ぎると実験しにくいかもしれません。

Step1

まず、テーブルの上に消しゴムを置きます。
人差し指で消しゴムを「ツン、ツン」と突いてみてください。

どうなりましたか?

ズリッ、ズリッって動きましたよね。

Step2

今度は、人差し指で消しゴムをジワッ押さえつけてから、前後左右に動かそうとしてみてください。

どうなりましたか?

がっちりとテーブルに張り付いて動かなかったはずです。

机も消しゴムもまったく同じ。何ひとつ変わっていないのに

どのように扱うかで、

これほど性質が変わってしまうんです。

もう、おわかりですよね。消しゴムは「タイヤ」と同じです。

タイヤのグリップは、みなさんの操作次第で「強く」も「弱く」もなるということです。

たとえば、スロットルやブレーキを乱暴に扱うと、最初にツン、ツンと突いたときみたいに、タイヤがズリズリと滑るわけです。

でも……

始めじんわり、後からシッカリ

操作してやると、消しゴムを押し付けてから動かそうとしたときみたいに、タイヤがガッチリとグリップして、安全に安心して走れます。

特に、濡れていたり、砂が浮いていたりする路面では、この「始めじんわり、後からシッカリ」という操作がとても重要です。

スッとブレーキレバーを握って、指先にタイヤの接地感が伝わってきてから、しっかりブレーキレバーを握り込む。

じんわりスロットルを開け始めて、お尻にリヤタイヤのグリップが伝わってきてから、大きくスロットルを開けていく。

これらを心がけておけば、どんなシチュエーションでも安定してうまいライダーになれることは間違いありません!

というわけで、冒頭にお話しした「雨のコンビニ」では、最初の一歩目をじんわり行くことが大切だったわけですね。

倒し込みも始めにジワッとグリップを高めてから

せっかくなので、もうひとつお話させてください。

操作の仕方でグリップが変わるっていうのは、コーナーでバイクを倒し込むときも一緒なんです。

エイヤッとか、バタンと倒し込むと、タイヤがズリッと滑って転ぶ危険性があります。実際に、バイク雑誌の取材中に、何度か目の前で目撃しています。

ベテランライダーの中には「ブレーキをゆるめて、フワッとなった瞬間に倒し込めばいいんだよ」という方もいらっしゃいますが……路面状況が刻々と変わっていく一般公道では、これも危ないです。

雨が降っていようが、砂が浮いていようが、安全に安心して曲がるためには、消しゴムで実験したように、ジワッと先にタイヤのグリップを高めておいて、そのグリップを逃がさないように倒し込むのがベストです。

その具体的な方法は、コーナリングをテーマにしたときに改めて解説させていただきます。

ちなみに「ジワッ」と押してグリップを高めていくときに、斜めに押すとズリズリいきます。

でも、真上から押してやると、ガッチリ食いついて、滑らない。

ブレーキをかけるときは、車体を垂直に!

車体が傾いているときに「急」な操作をすると「滑って転びやすい」と言われるのも、わかりますね。

このように、どんな方向に押すと、確実にグリップが高まるかの実験もしてみてください。

賢人の格言

では最後に「まとめ」です。

バイクライディングの、いちばん大切な「基本中の基本」は

「始めじんわり、後からシッカリ

今日からこれを意識するだけで、

あなたのライディングは一段と美しく、安全になるはずです。


今回の記事は『週刊 BIKE賢人』からの転載です。

このように「バイクライフの百科事典」をコンセプトに幅広く情報発信しているだけではなく、読者限定サービス「手ぶらでリゾートツーリング」と滞在型ツーリング施設「ライダー長屋」(仮称)の実現を目指しているので、ぜひぜひご協力をお願い致します m(__)m

詳細はこちらをご参照ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください