河津桜 ツーリングの「必見スポット」まとめ

春一番の声を聞くと、ツーリングに出かけたくなる方も多いのでは?

というわけで、2月~3月上旬に最適な日帰りツーリングを

シミュレーションしてみました。

 

《河津桜 日帰りツーリング案》

この時期に見逃せないものと言えば「河津桜(かわづざくら)」ですよね。

河津桜並木

2月上旬から約1か月間咲き続ける早咲きの桜で、ピンク色が濃いのも特徴。

河津川の河口から約3kmにわたって続く「河津桜並木」は本当に見事です。

K2-梶は大手旅行会社の添乗員として行くことが多いので、その経験を踏まえて、

見所をご案内しましょう。

 

 

往路は天城越えが無難

 

都心から河津桜並木までの距離は約180km。

並木周辺は大渋滞するので、朝8:30には着くようにするといいでしょう。

立ち並ぶ露店などが動き出すのは9:00頃からです。

 

そのためには、朝5:30~6:00頃に都心を出発。

この時間帯なら東名高速の渋滞も避けられますね。

春が近いと言っても、早朝の箱根越えは路面温度が低いですから、

新東名・沼津長泉IC~伊豆縦貫自動車道~伊豆中央道~修善寺道路~国道414号という

超定番ルートを南下するのが無難です。

 

途中で 浄蓮の滝 に寄って、マイナスイオンをたっぷり浴びると

「命の洗濯」ができます。

滝つぼまで200段の階段を降りていくのですが、

ライディングで固まった(?)体をほぐすには、ちょうどいい距離。

美しい滝と清流、すがすがしい空気、目を和ませるワサビ田の緑が

なんとも気持ちよくて、心も体も洗われる気分です。

 

河津七滝ループ橋
そのまま国道414号を南下すると河津七滝(ななだる)ループ橋(上写真)が現れます。

山に囲まれているので、特別な景色を拝めるわけではありませんが、

一度は走ってみる価値があると思います。

路面の継ぎ目が多いので、バンクし過ぎとスピードの出し過ぎに注意して、

グル グル グル~ンを楽しんでください。

 

河津桜まつり 会場周辺マップ
さらに南下して河津駅を目指すと、美しい「河津桜並木」が目に飛び込んできます。

河津桜まつりを満喫したい方はバイク駐車場(300円)に停めて

メイン会場の河津桜観光交流館~笹原公園~来宮橋を散策してもいいのですが

「イモ洗い」のような雑踏が苦手な方は、駐車せずにスルー!

後述する「みなみの桜」でゆっくりと河津桜に触れ合ってください。

 

それでも国道414号線沿いにある「河津桜原木」(上記マップ赤丸)と

その少し先の「かじやの桜」は必見です。一時停止してよく眺めてください。

特に「かじやの桜」は、

バイクを置いて写真を撮るのに最適ですから、お見逃しなく!

かじやの桜(バイクとの撮影に最適)

 

 

日野の菜の花とみなみの

 

河津桜並木の景観を脳裏に焼き付けたら、海沿いの国道135号~国道136号経由で

みなみの桜 に向かいましょう。河津からは約24km・40分ほどです。

「河津」だけ寄って東京に戻ったらもったいないですよ!

 

最初に訪ねてほしいのは日野(ひんの)の菜の花畑」です。

これはもう……見た目も香りも素晴らしい の一言!

向かいのコンビニでコーヒーを飲みながら花畑を愛でるだけでも

幸せな気分に浸れます。

駐車場にバイクを停めて菜の花畑の中を歩くと、さらにいいでしょう。

 

続いて、約2km先の 道の駅 下賀茂温泉 湯の花 へ。

産直売店が充実しているのでお土産の購入にも向いています。

 

みなみの桜 周辺マップ
この道の駅から青野川沿いの河津桜並木(みなみの桜と呼ばれます)

に出て散策したり、河川敷に降りたり、写真を撮ったり。

「みなみの桜」は河津川沿いよりもかでいていて、

自然のままの景観を楽しめるから、オススメなんです。

 

余裕があったら、道の駅から徒歩7分の 下賀茂熱帯植物園 (入園無料)

にも足を伸ばしてみてください。

フルーツの木が豊富で、案外、楽しめると思いますよ。

 

 

ランチは郷土料理「おか田」で

 

そろそろお腹が減るころでしょうから、日野の花畑までバイクで戻って

花畑の向かいにある下田郷土料理おか田」で昼食をどうぞ。

金目鯛の煮つけ

名物は「金目鯛の煮つけ」ですが、いろんな定食が揃っていますから

その日の気分次第ということで。

行列のできる人気店ですから早めの来店をおすすめします。

 

 

竜宮窟~伊豆スカイライン経由で東京へ

 

帰路は 竜宮窟 に寄って、

陽が高いうちに(渋滞する前に)海岸線に沿って国道135号を北上。

 

宇佐美から伊豆スカイラインに登ったら……

芦ノ湖スカイラインを抜けて富士山の雄大な姿を愛で、

御殿場ICから東名高速に乗るか、

 

国道1号(旧道/箱根駅伝コース)または箱根新道経由で小田原に抜け、

小田原厚木道路経由で

東京に戻るといいでしょう。

夕方には帰宅するようなイメージでいれば、

帰路の渋滞も避けられるはずです。

 

河津もみなみも18:00からライトアップしているので、

昼頃に都心を出て、箱根・伊豆のワインディングロードを楽しみ、

夜桜を愛でて、シーサイドロードをのんびり戻るのもいいでしょう。

 

いずれも2月下旬が最高の見頃ですから、

冬ごもりから抜け出して、大いにリフレッシュしてきてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です