それも、サス セッティング で直るの?

サス セッティング が硬めだと、お尻も痛くなります!

K2 バイク ツーリング の休憩中に、ふと耳に入ったのが、こんな会話です。

~い

せっかく、2人乗りでいらっしゃったんですから、これではいけません。

奥様が楽しんでくださらないと、次は……f(^^;

お尻の痛みも、サスセッティングで一発解消

実は、おふたりの走りをひと目見たときから、そうじゃないかと思っていたんです。

だって、ブレーキを掛けるたびにフロントフォークがどっぷりと沈み込み、リヤは高止まりしたままでしたからね。

 

さっそく サス セッティング で補正しようと思ったら、リヤにしかアジャスターがなかったので、まずはダンパーを弱めてストローク感(動き)を出してみました。

 

すると、どんどん良くなっていき、前後の車高バランスも適切なところに収まったので、オーナーご夫婦に試乗していただくと……

 

お尻が痛くなくなりました

リヤブレーキが利くようになりました」 とのこと。

 

半面、コーナー前半でのキレ感が減って、コーナー後半にスロットルを開けながら曲がっていく(トラクション旋回)性格に変わったことに、少しとまどったようです。

そこで、奥様をもてなすように走るときには「今」の仕様、ひとりでスパッ、スパッとキレよく走りたいときには ダンパーを「16分の1~8分の1回転」ほど絞めた仕様にするようにご案内して、この日のツーリングを終えました。


■今回の教訓

パッセンジャーのお尻が痛いときには、リヤサスペンションのダンパーを少しずつ(16分の1回転ずつ)弱めて、ストローク感を出してください。

ハンドリングに関して、特別な違和感がなく走って来たのなら、ダンパーを緩めすぎないように注意しましょう。

ダンパーが弱すぎて、ピッチングモーションが大きく速くなると、落ち着きがなくなって疲れますし、ヘルメットがゴッチンする機会も増えますからね。

しの調整で、きな効果」を得られるのが、 サス セッティング の世界です。


■サスセッティングに興味のある方は、半日ツーリング&ワークショップ(2019年の開催日は未定)にいらっしゃってください。

 

 

LINEで送る
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です