K2 バイク ツーリング Report|3/5 一面の菜の花畑と穴子丼

《K2 バイク ツーリング Report》

海・山・花・食・快走路・・・この多彩さが房総の魅力です

第一海保

富津周辺を走ると「穴子丼」「はかりめ丼」のノボリを見かけます。

アナゴ
昔から穴子漁が盛んだったこの地域では、
穴子のことをはかりめと呼ぶそうです。

その由来は、体側の「模様」が市場で使われた
棒はかり(通称はかりめ)の目のようだからとも、
細長い「体形」が棒状の計り(はかりめ)に似ているからだとも
言われています。

今回、訪ねた“いそね”さんの「はかりめ丼」は、まさしくボリューム満点!
熱々のご飯のうえに敷き詰められた穴子には、
しょうゆベースの煮汁がかけられていて、甘辛い味付けです。

薄味好みの魚屋には少し重かったのですが、
男性陣には濃厚な風味が好評でした。

穴子天重

魚屋がいただいた穴子天重丼(上写真)は、柔らかくふっくらとした身が、
サクサクの衣に包み込まれていて、おいしかったです。
気持ちのいい接客が、その味を一段と引き立ててくれました。

 

おなかが一杯になったら、海沿いのルートから山の中へ!

房総のワインディングロードは、タイト過ぎず、ルーズ過ぎない、
程よいコーナーが続きますから、
どんなレベルのライダーさんでも楽しめるのがいいところ。

案内人としては、クルマが少ない快走路
次々につないでいけるのも、ありがたいです。
気が付けば、この2年余りで「いい道」にすっかり詳しくなりました♪

酪農の里

酪農の里 白牛

途中で、日本酪農発祥の地“酪農のさと”に立ち寄り、ソフトクリームをいただきながら、ひと休み。
珍しい白牛(ハクギュウ)は、優しい目が印象的でした。

 

今回は下道を130km以上走りましたが、
お天気も道もよかったおかげで、疲れ知らず。

房総 菜の花畑

一面に咲く菜の花に、ひと足早いを実感し、
とても気持ちのいい1日となりました。

海・山・花・食と、多彩に楽しめるのが房総の魅力。
「次回はどんな バイク ツーリング にしよう?」と考えているだけでワクワクします。
もしリクエストがあれば、お気軽にお寄せくださいね。


《そのほかの K2 バイク ツーリング Report はこちらです》

LINEで送る
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です