K2 バイク ツーリング Report|2/27 勝浦ビッグひな祭りと勝浦タンタンメン

《K2 バイク ツーリング Report》

地元の方の、予想外のおもてなしにほっこり♪

勝浦ビッグひなまつり

この日は快晴。

風もなく、おだやかな絶好のツーリング日和でした♪

今回、目指したのは 勝浦ビッグひなまつり

 

市内各所に約30,000体の人形が飾られ、

メイン会場の遠見岬(とみさき)神社の石段にも

ひな人形があふれていました。

ん?・・・でも、昨年と何か雰囲気が違うなぁ?

 

さっそく調べてみると、理由がわかりました。

雛人形の数が、昨年の1,200体から

約1,500体へと、25%も増えていたんです!!

 

別のひなまつり会場「芸術文化交流センター」にも寄ってみると、

8,000体もの雛人形が出迎えてくれて、圧倒されました。

160227-2
市街地からちょっと離れた香取神社では、気さくな神主さんが話しかけてくださり、

わたしたちがライダーだとわかると、ツーリングの無事を祈って

お祓いまでしてくださいました !


勝浦 香取神社

勝浦ビッグひなまつり

カッピー

おまけに地元のお母さん方が、手作りの太巻き寿司や甘酒を
無料でふるまってくださり、思いがけないおもてなしにほっこりしました。

市民のみなさんで地元を盛り上げようとがんばっておられる・・・・・・
そんな姿を見ると「また来ます !」 って思っちゃいますね。

勝浦ゆるキャラのカッピーもがんばってました。

 

そして、勝浦B級グルメといえばコレ!
といわれるほど根付いてきた 勝浦タンタンメン をいただきました。

日本の一般的な担々麺は、ゴマの風味を効かせた濁ったスープが特徴ですが
“勝タン”は醤油ベースの透き通ったスープに、ラー油をたっぷりと加えた真っ赤な色合いがポイント。

勝浦タンタンメン
「勝浦タンタンメン」が食べられるお店は40軒ほどあるそうで、
辛さや具材はお店によってさまざまです。

この日うかがったのは辛さの注文ができる人気店で、
ラー油だけの辛さではなく、ちゃんとダシの旨味があります。
はふはふと食べ進めるうちに、汗をかくほど体はポカポカになりました。

 

ところで雛飾りの男雛(お殿さま)と女雛(おさま)の左右の位置が、
地方や時代によって違うことをご存知ですか? 

江戸雛

現代雛

会場にいらしたボランティアガイドの方のお話だと・・・

日本ではもともと「左は右より格が高い」とされ、
お殿さまはお姫さまの左、つまり向かって右だったそうです。

しかし明治時代、西洋の流れを受けて国際儀礼である
「右が上位(向かってだと左)」の考え方が取り入れられ、
大正天皇が即位の礼でこの西洋スタイルを取り入れたことから、
西洋風が定着したのだとか。

実物を見てみると、確かに古い雛人形は「向かって右がお殿さま、左がお姫さま」ですが、
現代の雛人形は「向かって右がお姫さま、左がお殿さま」と位置が反対です。

しかし、現在でも、伝統を重んじる京都を中心とした
関西地方では、昔ながらの位置が主流だそうです。

ちなみに結婚式では、「利き手で敵を倒し、反対の手で相手(隣の人)を守る」ために、
常に新郎が右、新婦は左となる西洋式が主流とのことです。

こうした豆知識があると、ツーリング先の観光がさらに楽しくなりますね♪

もちろんこの日も、みなさんに快走ルートを楽しんでいただきました !
K2 バイク ツーリング は、観光メインでも楽しい走りが必ずついています。


《そのほかのツーリングReport はこちらです》

LINEで送る
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です