フェリー さんふらわあ の豆知識

フェリー さんふらわあ

 

 さんふらわあ の片道運航に必要な燃料は、ドラム缶で何本分?

鹿児島(志布志港)→大阪(南港)航路のフェリー さんふらわあ に乗ったら、レストランの開店を待っているときにホールスタッフの方がクイズを出題してくれました。せっかくなので、みなさんにもシェアしておきます。

 

Q:いま新造船を計画しています。このクラスの船(全長186m・総トン数12,418t)を作るとなると、いくらかかるでしょうか?

 

A:約100億円

 


 

Q:片道の運航に必要な燃料は、ドラム缶(200リットル)で何本分でしょうか?

 

A:3000本

 


 

Q:では、その燃料代は?

 

A:約400万円

ちなみに、スタッフの人件費を含めた片道1回の運航経費は約500万円になるそうです。

いま計画している新造船は、3分の2程度の燃料で済むといいますから、おおむね378往復すれば、燃費向上分だけで元が取れる計算ですね。

大阪⇔鹿児島(志布志港)航路の さんふらわあ は外洋に出るため、携帯電話がつながらなくなってしまうのが玉に瑕ですが、快適な船旅を楽しめました。

僕のようにドコモ系の携帯電話を使っている方が船内Wi-Fiを使うためには事前登録と使用料金が必要なので、お忘れなく! 

ソフトバンク系の方は登録不要・無料で使えるとのことでした。

みなさんも素敵なフェリー・ツーリングを♪

 


 

追伸:現在 運行中の新造船でのWi-Fi利用についてはこちらをご覧ください。