「スクールの効果を10倍高める方法」 その1

ライディングスクールの効果を10倍高めたかったら?

 

先日、

苦手意識はライディングスクールや教習所で作られている」

そして

「その苦手意識があなたの上達にブレーキを掛けている」

とお話ししたら、 ……その記事はこちらです……

 

「ハッキリ言いますね~! でも、本当にその通りです」

と、たくさんの方が共感してくれました。

 

もちろん「スクールに行くな!」と 言っているわけではありませんよ。

有意義なスクールもたくさんあるので、ぜひ、いろいろ体験してください。

 

たとえば、中井直道さんのスクール筋が通っていてわかりやすいですね。

 

 

ひとつの大事な質問

 

そこで、今日は

「スクールの効果を10倍に高める方法」

と題して、

どんなインストラクターや教官に出会っても、

確実に上達していける考え方をお話ししたいと思います。

 

あなたはスクールを受ける前に、何を考えますか?

 

「どんな先生なんだろう」

「どんなことをするんだろう」

という感じでしょうか?

 

もしそうなら、今日からこんなふうに 変えてみてください。

 

—————————————————————–

スクールを終えたときに

どんな自分になっていたいのか?

—————————————————————–

 

たとえば

うまくなっている

 

……いやいや、もっと具体的なほうがいいですね。

思わず、ニンマリしちゃうようなものにしましょう。

 

 

ならば

あいつに、ほめられるように…

 

 ……いやいや、他人のモノサシに左右されるんじゃなくて、

自分のモノサシで測れるものに変えたいですね。

 

 

 じゃぁ

初めて走る峠道でも、

スイスイ気持ちよく走れる

ライダーになっている

 

 ……うん、うん。これはなかなかいいですね。

 

 

えっ、考えても浮かばないって?

そもそも、考えるのが面倒くさいって?

 

いやいや、ここが踏ん張りどころです。

 

 

京都に行くと決めるから

 

ぼんやり考えていることを言葉にすると、

頭の中がスッキリと整理され、やるべきことに力を注げます。

その結果、パフォーマンスも見違えるように上がります。

お仕事も同じですよね。

 

たとえば、いま東京にいて

京都に行くと 決めたとしましょう。

 

すると、何千という交差点を、「京都に向かう」ように進めます。

もし案内看板が「わからない地名」ばかりで道に迷ったとしても、

なんとかして京都にたどり着けるのは、おわかりですよね。

 

ところが、目的地が決まっていないと、あらゆる交差点で迷います。

右? 左? まっすぐ? それとも、戻る?

 

そうこうしているうちに……

東北に行ってしまったり、

東京をグルグル回っていたり。

 

それほど「ゴール設定」って大事なんです。

 

 

パーソナルトレーナーを雇ったことがある方なら、

数字を挙げて、きっちりゴールを設定しましたよね。

 

うまくライディングしたいと思ったら、

やっぱりここ(目標設定)がいちばん重要です。

 

目標が定まったら、あとふたつのことに気を付けると

スクールの効果が10倍にアップします!!

 

その具体的な考え方は、次回に譲りましょう

この記事が、だいぶ長くなってしまったのでね……f(^^;;

 

 

次回までの宿題です

 

次回に譲る理由は、もうひとつあります。

ライダーとしての、あなたの目標を決めてほしいんです。

 

どんなライダーになりたいのか?

それそ、次回までに考えてみてください。

 


 *「次回」の記事は2016年7月17日の夕方に公開します。

 

LINEで送る
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]

One thought on “「スクールの効果を10倍高める方法」 その1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です